GSコモディティとは? コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

gsコモディティ、eワラント

gs(ゴールドマンサックス)のコモディティ商品といえば、eワラントです。

ヘッジファンドという立場だけではなく、資産運用の一助としてもコモディティを分散投資の一つに加えることが多くなっています。

そんなときは、gsのeワラントが手軽にコモディティ相場への投資ができます。

gsのeワラントは普通の投資よりも価格変動の割合が大きいですが、価格設定額低いと取引不可となる場合もあります。

コモディティのほかに債券などにも投資ができるgsのeワラントですが、今はコモディティの動向が楽しいかもしれません。

直接コモディティに投資をするよりも、より大きな価格変動により、ハイリターンとハイリスクの隣り合わせのスリルを味わうことになります。

gsのサイトでコモディティのeワラント、研究してみてはいかがでしょうか?

ゴールドマンサックスのコモディティファンド

アメリカで特に力を有すゴールドマンサックス

金融業界でこの名前を聞かないことはないというくらい有名ですが、コモディティ業界においても、ゴールドマンサックスは同じです。

ゴールドマンサックスアセットマネジメントでは、数多いファンドの中で、コモディティを含むファンドを販売しています。

また、コモディティファンドの指数のGSCIは、ゴールドマンサックス社と別の会社の開発した指数です。

アメリカが本社のゴールドマンサックスですが、日本でも営業を展開しており、数々のファンドが紹介されています。

ゴールドマンサックスコモディティファンド、のぞいてみてはいかかですか?