野村證券のコモディティ コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

野村證券のコモディティ・デリバティブ取引商品

コモディティ・デリバティブ取引は、法人向けの「原油・非金属・農作物等」の商品価格の変動が事業収益に与える影響を回避したいニーズに応えするためのものです。

このような取引に、野村證券は百五銀行と提携し、2006年からサービスを始めています。

これは、企業にとってのニーズヘッジとなることですし、企業にとっては、ありがたい取引です。

野村證券では、コモディティ・デリバティブ取引商品を提供することによって、企業の負担軽減を考えています。

野村證券以外でも、このようなコモディティ・デリバティブ取引を応用しているところが増えてきています。

コモディティ市場の高騰が招いたことですが、このような状態になったときでも、野村證券コモディティ・デリバティブ取引のようなコモディティ派生商品があると心強いですね。

詳しくは野村證券のサイトで、よくご覧ください。

野村證券のコモディティ業界での活躍ぶり

日本ではコモディティ取引によるヘッジニーズは、年々高まっています。

有価証券だけに投資をした場合、世界情勢の大きな流れにおいて、その価値が下落傾向にある近年では、金よりもモノに投資をするコモディティ市場がにぎやかになっています。

明らかに投機目的のヘッジファンドの流入により、原油は最高値更新を続け、その余波は日本だけでなく世界中に伝わっています。

そうした世界の流れの中で、野村證券は豪の投資銀行であるマッコーリー銀行と、コモディティの派生商品分野で業務提携を行うことで基本合意しました。

今後、野村證券とマッコリー銀行は、投資家向け商品や事業会社向けヘッジ商品などの開発を共同で行い、日本を含むアジアの顧客に提供していく方針です。

野村證券は、ファンドという形でコモディティ商品がありますが、より一層のコモディティ業界で大きな位置を占めることになります。

金融業界において、野村證券の地位はゆるぎないものですが、コモディティ業界に進出を強めることで、ますます強力な存在となります。

これからのコモディティ業界での野村證券の活躍に目が離せません。

野村のコモディティファンド

野村アセットマネジメントのグローバル・コモディティ・オープンは、2006年10月設定のファンドです。

コモディティ指数の一つであるGSCI指数の動き捉える投資成果を目指します。

今年で2年目を迎える野村コモディティファンドですが、運用実績は、昨年と比較をして、30%プラスということになっています(2008年6月)。

2007年からの株式や債券が不安定な動きをする中、コモディティは順調な伸びを示しています。

野村コモディティファンドの指数は、24の商品で構成されていますので、全体的に商品価値が上がっているとみてよいでしょう。

コモディティそのものの取引は、チャートをおっていくのは自信がないという方、この野村コモディティファンドはいかかでしょう?

順調な伸びを見せるコモディティ、投資金額があまりかからないというのもファンドの魅力です。

是非、野村のサイトでじっくり検討してみてください。