コモディティの小麦は? コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

コモディティ取引、小麦の場合

コモディティとは商品先物取引の商品のことを言いますが、取引されるコモディティ
金、原油などの工業品のほかに小麦や大豆といった農産物があります。

今、小麦をめぐるコモディティ取引がヒートアップしています。

小麦といえば、日本では全面的に輸入に頼っており、小麦の産地はアメリカなど。

日本においても小麦は欠かすことのできない農産物ですが、今では小麦はバイオエタノールの原料としても世界中で需要拡大をしているのを背景に、コモディティ取引では投機目的の対象物として、上昇しています。

資源と違って、天候によって大きく左右される小麦ですから、不作の場合は、コモディティ取引において、暴騰することが予想されます、

このように、予想の立てやすい小麦コモディティ取引ですが、ヘッジ資金流入で、暴騰下落のタイミングがつかめないのが現状です。

いずれにしても、コモディティ取引における小麦のヒートアップはまだまだ続くでしょう。