コモディティのデリバティブ コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

コモディティデリバティブって何?

デリバティブとは、金利・債券・為替・株式・商品等から派生した取引の総称であり、金融商品を原資産とするものがほとんどであることから、金融派生商品とも呼ばれます。

コモディティデリバティブとは、契約時に手数料を支払い、契約期間に権利行使価格を対象指標から上回った場合、元本(コモディティ)に対し上回った差額を受取るのがオプション取引といいます。

このほかに、スワップ取引として、コモディティデリバティブの対象とする商品価格が予め定めた固定価格と変動価格の差額決済を一定期間ごと受取ることも可能です。

コモディティデリバティブは主にリスクヘッジ目的、投機目的で利用される商品です。

しかし、予想と反した場合は、投資家が支払うというリスクも追うことになります。

コモディティデリバティブをする場合、リスクとリターンの駆け引きが大切です。