コモディティとは? コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

コモディティとインテルの関係

コモディティ化によるブランドの崩壊と言われたのがインテル

パソコンの低価格が進んで久しいですが、あのインテルがローエンドなサーバを出したことにより、サーバをコモディティに変えてしまったという感じがあります。

インテル同様PC向けのMPUを手がけるAMDはサーバー向けに大きなシェアを持っており、それに対抗したインテルは否が応でも低価格サーバー販売は、サーバーをコモディティにしたということです。

しかし、これからの開発によっては、よりいいもの、コモディティに偏らないインテルの戦略に期待をもてることともなります。

コモディティ化によって、安価なものを手にすることができる消費者にとっては、歓迎ですが、企業にとっては大きな損失になるということです。

コモディティ化の進化が問われるインテルの一件でした。

コモディティ=商品先物取引

コモディティとは、商品先物取引のことですが、この場合の商品とは、金、原油などの経済産業省と大豆、とうもろこし、鶏卵などの農林水産省管轄のものがあります。

商品先物取引とは、将来の価格の売買の約束をする取引ですから、株投資やFXのようなリアルタイムで売買できるものとは違います。

上がるだろう、下がるだろうと憶測からのコモディティということになりますから、様々な要因が絡み合うコモディティは、投資の中でも難しい部類に入ります。

商品先物取引はモノですが、単に先物取引というと、モノだけではなく、株価指数や株などでも取引ができます。

その対象をモノとしたコモディティはインフレになると、強いという、株投資などとは違う動向になりますので、分散投資としての商品先物取引という位置づけもあります。

いずれにしても、投資は投資。リターンもリスクは限りなく、ですから、コモディティも先物取引もリスク管理だけはしっかりと。

商品先物取引は、東京工業品取引所で行われています。

コモディティの意味とは?

コモディティとは、商品という意味です。

厳密に意味を掘り下げていくと、エネルギー、貴金属、非鉄金属、穀物などの国際市場で取引される一次産品やそれを加工した素材の総称がコモディティということになります。

全世界で取引がされているコモディティですから、コモディティ市場は非常に大きく、株式、債券市場とともに、活発に取引されていますので、為替相場や世界情勢などとも関係し、コモディティ価格は意味のある動き方をします。

投資の中でもリスクヘッジの意味を持つコモディティ、その役割などでコモディティ市場の参加者は非常に多くなっています。

株の動きと連動するのではなく、有事や異常気象などの変動によって価格が上下することが多いコモディティ

株式や債券投資とは意味合いも変わってきますから、リスクヘッジには有効な手段といえます。

コモディティとは?

コモディティとは、日本語で言う商品ということです。

ですから、投資の世界でいうコモディティとは、原油や小麦、金などの商品先物取り引きのことを言います。

つまり、コモディティとは、株や債券に投資をするのではなく、商品価格の上げ下げに投資をすることです。

株式投資と大きく違うことは、株などは金融資産としての扱いですが、コモディティとは、「物」であり、リアルアセットという位置づけになります。

実際に先物取引をすることになると、日本では東京や大阪の証券取引所ではなく、東京工業品取引所などでの取引になります。

株式投資と、取引の仕方は大体同じで、取引業者で口座開設をして、商品価格の売買を取引するということになります。

コモディティとは、株同様さまざまなな商品がありますから、分散投資も可能です。