野村證券のコモディティ・デリバティブ取引商品 コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

野村證券のコモディティ・デリバティブ取引商品

コモディティ・デリバティブ取引は、法人向けの「原油・非金属・農作物等」の商品価格の変動が事業収益に与える影響を回避したいニーズに応えするためのものです。

このような取引に、野村證券は百五銀行と提携し、2006年からサービスを始めています。

これは、企業にとってのニーズヘッジとなることですし、企業にとっては、ありがたい取引です。

野村證券では、コモディティ・デリバティブ取引商品を提供することによって、企業の負担軽減を考えています。

野村證券以外でも、このようなコモディティ・デリバティブ取引を応用しているところが増えてきています。

コモディティ市場の高騰が招いたことですが、このような状態になったときでも、野村證券コモディティ・デリバティブ取引のようなコモディティ派生商品があると心強いですね。

詳しくは野村證券のサイトで、よくご覧ください。