コモディティ化とは? コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

コモディティ化とは?

商品先物取引のことを単にコモディティといいますが、この場合のコモディティとは商品そのものの総称です。

コモディティと言う言葉自体、商品ということですが、直訳をすると、安っぽい商品です。

ですから、コモディティ化と化がついてしまうと、商品価値が下がると言うことになり、先物取引とはあまり関係ない言葉になります。

商品カテゴリの中でコモディティ化がおきてしまうと、質より量の感覚で売買されますので、商品価格の下落を招き、高価な商品ですと、それまでの価値がなくなってしまいます。

コモディティ化によって、それまでは技術開発で競っていたものが、それより値段と走る消費者の増加で企業収益の下落などが起こります。

そこで、IT関係などでは、脱コモディティ化が叫ばれていますが、何が差別化を行うことが急務となっています。

しかし、このコモディティ化は消費者にとってはうれしいことで、安くてサービス向上にもなるのであれば、コモディティ化は歓迎です。