コモディティの投資信託・ETF・商品先物で運用する方法

住信コモディティ・オープンはどう?

住信コモディティオープンは、平成19年12月にまた募集を始めました。

ベンチマークはダウジョーンズAIGコモディティ・インデクスと連動する投資成果を目指します。

この住信で使用されるコモディティインデクスですが、比率としてはエネルギーが多く、アルミニウムなどの産業用メタル、穀物と続きます。

この比率は年1回見直されますが、エネルギー関係だけで、3分の一を占めているコモディティインデクスです。

運用は、住信アセットマネジメントです。

住信コモディティオープンがコモディティインデクスと連動させるため、ユーロ/円債に投資をしますが、そのファンドは円建てで、償還は1年程度です。
利率ですが、0%ということで、ゼロクーポン債となっています。

ファンドをお探しの方、エマージングの高金利?時代はそろそろ終わりかもしれません。今度からはコモディティファンド、かもしれません。

住信コモディティ・オープン、いかがですか?

野村證券のコモディティ・デリバティブ取引商品

コモディティ・デリバティブ取引は、法人向けの「原油・非金属・農作物等」の商品価格の変動が事業収益に与える影響を回避したいニーズに応えするためのものです。

このような取引に、野村證券は百五銀行と提携し、2006年からサービスを始めています。

これは、企業にとってのニーズヘッジとなることですし、企業にとっては、ありがたい取引です。

野村證券では、コモディティ・デリバティブ取引商品を提供することによって、企業の負担軽減を考えています。

野村證券以外でも、このようなコモディティ・デリバティブ取引を応用しているところが増えてきています。

コモディティ市場の高騰が招いたことですが、このような状態になったときでも、野村證券コモディティ・デリバティブ取引のようなコモディティ派生商品があると心強いですね。

詳しくは野村證券のサイトで、よくご覧ください。

コモディティオープンとは?

コモディティオープンというと、コモディティ指数を投資対象するファンドのことを指します。

ファンドの数は星の数ほどありますが、皆が願うのは高配当。

肝心なのは、投資対象物となりますが、時には新興国通貨だったり、ETFだったりと対象物の種類も多くあります。

そこで、コモディティオープンですが、現在、コモディティ市場の盛り上がりをみると、今後のパフォーマンスは期待できるのではないでしょうか。

インフレなどに強いと言われるコモディティ市場において、安全な投機対象としてコモディティが買われています。

これからは、コモディティオープンかもしれません。

コモディティオープンそのものも、対象物となる指数が数種類あることから、いろいろな角度から選択ができます。

一度、証券会社でコモディティオープンを覗いてみてはいかがでしょう?